新着情報一覧
新着情報詳細

2016年1月15日

ホワイトフーガは1月13日大井11RTCK女王盃(Jpn3)で優勝しました。

ホワイトフーガ

【成績】ホワイトフーガは1月13日大井11RTCK女王盃(Jpn3)で1着になりました。

 

以下、極ウマ・プレミアム記事より

<TCK女王盃>◇13日=大井◇統一G3◇ダート1800メートル◇4歳上牝◇出走11頭

単勝1・2倍の圧倒的1番人気ホワイトフーガ(牝4、高木)が、直線で抜け出し快勝した。牝馬ダート路線の主役として迎えた今年初戦を制し、最高のスタートを切った。

ゲートを出るとノットオーソリティ、セキショウを見ながら3番手へ。直線入り口であっさり前に並びかけ、先頭に躍り出た。猛然と脚を伸ばしてきたパワースポットの強襲も難なく退け、強さを見せつけた。

大野拓弥騎手(29)は「ペースが遅くてあの位置に。後ろからの目標になって、油断できませんでした。負けられない一戦に勝ててほっとしました」。高木登師(50)も「一本かぶりだったのでほっとしました」と同じ言葉で胸の内を表した。中央のダート王決定戦チャンピオンズCを制したサンビスタを、その直前のJBCレディスクラシックで一蹴した身として、ここでは負けるわけにはいかなかった。次走は2月21日東京のフェブラリーS(G1、ダート1600メートル)を目指す。【渡辺嘉朗】

詳しいレースリポートは、こちら

詳しい結果は、こちら

レース動画は、こちら

facebook
totop